★日本語のお仕事

名刺が完成!私がこだわったこと

みなさん、こんにちは。

長野市で出張にほんご教室エスペランサのみきです。


営業に欠かせない名刺が完成し、先ほど届きました!

 

f:id:okmymiki:20151021104904j:plain

 

 

何回も書き直しできあがった名刺です。

名刺作りでこだわった点は


◎ 思い出してもらいやすく、必要最低限の情報を入れること。


教室の名前と私の名前だけではどうしても心に引っかからないと思ったんです。
そこで、具体的な相談内容を提示して、ご自身の心の中にある「こんなこと」も相談しやすいようにしました。

そして、カラー印刷にすることで、「あ、あの名刺の人」と思いだしやすいかなと。
顔写真を入れることも検討しましたが、まだその勇気が出ていません。
(ホームページには出してますが…)


画像にはないのですが、私自身の経歴と保有資格、免許を明記しました。

私自身、何かを相談、依頼する時は信頼できる方にお願いしたいと思います。
それが、お医者様なら執刀した症例数だったり、学校の先生だったらやはり出身の学校を気にしてしまいます。

お客様の大事な時間とお金をいただくわけですから、少しでも信頼していただける情報を載せたかったのです。


もしかしたら、すぐに捨てられてしまう名刺かもしれません。
でも、「そういえば、あの時の・・・」と記憶に残る名刺を作りたいと思いました。


ここで、ちょっと反省点も。
教室名をEsperançaとポルトガル語表記してしまったこと。
ここはなじみやすく「エスペランサ」にすればよかったなと。
外国人のお客様にはなじみやすいでしょうが、私がターゲットとしている日本企業様向けとしては反省する点となりました。


なにはともあれ、まずは、この名刺を相棒に営業をしていきたいと思います。

今後はロゴマークを作って、それを名刺にも入れられたら、すてきだなーと夢見ています。