★なが~い独り言

百人一首始めました。

みなさん、こんにちは。
MIKIです。

日本は雪も降り、すっかり冬の装いになりました。
さて、先日、小学3年の長男が帰ってくるなり、
百人一首、やりたい!」と言い出しました。

よくよく聞くと、授業で百人一首のかるた取りをやったとのこと。

負けちゃって、悔しかったから、家でも練習したいということらしいです。

そういうことか。では、母は全力で応援するぞよ。

こう見えても、国文科卒(現在は日本文学科)。しかも、万葉集研究が盛んな研究室のある大学だったので、ビシバシ鍛えられましたから。

百人一首って何だ?

今から1300年ほど前の平安時代藤原定家という人が優れた和歌を100首選びだしたもの.

この時、一人一首ずつ × 100首の和歌が選ばれました。

一首、百人分というわけですね。

その100首を「かるた」にして、広まったとされています。

 

さて、どうやって覚えよう。

学校では「覚えて来なさい」と言われているようではないようです。

しかし、本人は「勝ちたい」

「勝ち」にこだわるなら、やはり覚えなくてはなりません。

しかも、「勝てる」覚え方。

はてさて、どうしたものか。

国文科卒とはいえ、授業では和歌を味わい、時代背景、作者の心情などを検討して和歌を楽しんだものです。

「1300年も前の人もこんな気持ちになるのね」とか、ロマンチックに浸ってましたっけ。

そんなの、全然役に立たないわ。

ということで、リサーチ開始。

 

競技かるたの覚え方が使える!!

かるたクイーンが教える! 今から始める「百人一首かるた」の覚え方

 

決まり字とか、札流しとか。

聞いたことがない言葉が出て来ましたが、丁寧に解説されているので、とりあえずはこの手順で覚えていこうと思います。

 

まずは好きな一首から覚えてみよう

 

授業で何回か行なっている百人一首かるた取り。

好きな一首はあるか、聞いてみました。

息子「あるある!!えっと・・・・、

奥山の もみじふみわけ 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき 」

 

息子らしい一首でした。

情景がわかりやすく、共感できるのでしょうね。

この一首を大切にしてあげたいと思います。

作者「猿丸大夫」という名を聞いて、より親近感が湧いたようです。