未分類

平成30年度文化庁日本語教育大会・東京大会

この記事は日本語教育大会開催の成功を願い、周知協力するために投稿しています。

なお、文化庁国語課からのメールを転記したものです。

 

*****

平成30年度文化庁日本語教育大会・東京大会

【テーマ】

  激動!日本語教育~人材が変わる,教育が変わる,学習者が輝く~

 

日時:平成30年9月8日(土)9日(日)

場所:文部科学省(東京都千代田区霞が関3-2-2)

 

内容:<1日目>

    ○日本語教育に関連する外国人施策等について(関係省庁)

    ○文化審議会国語分科会日本語教育小委員会の審議状況の説明

    ○空白地域における日本語教室設置とコーディネーターの役割~佐賀県における日本語教室空白地域解消推進の取組から~

    ○パネルディスカッション「現職日本語教師,「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」でどう変わる?」

 

     実際に研修に携わる様々な分野(中堅,主任教員,初任(留学生・生活者としての外国人),児童生徒)の皆さんにお集まりいただき,現職者研修について議論します。

     ※「生活者としての外国人のための日本語教育事業」実践報告パネル展同時開催(12:30~17:30)

 

    <2日目>

    ○日本語教育人材のキャリアパス~現場で活躍する先輩に直接聞いてみよう!~

    ○文化庁日本語教育事業説明会(日本語教育人材養成・研修カリキュラム等開発事業等,420時間以上の日本語教員養成・研修届出)

    ○IT・通信による日本語教育~ちょっとのぞいて触ってみよう!~

    ○日本語教育テーマ別実践報告会  ※定員あり要申込(8月31日申込締切・先着順)

      ・【第1分科会】日本語教師・初任(留学生)研修における日本語教育の専門性とは

~「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」から見るその資質・能力,教育内容~

 

      ・【第2分科会】日本語教育実習は,何を「実習」させ,どのような能力を伸ばすのか

~大学,日本語学校,生活者の現場の視点から~

      ・【第3分科会】日本語教育は地域連携によるプログラム・デザインにどう挑んだか~日本語教育と地域との連携から考察する~

*****

 

 

www.bunka.go.jp

 

 

↓こちらのリンクは昨年度の案内となっていますので、ご注意ください。

(2018年8月8日現在)

www.bunka.go.jp