多文化共生社会

作文苦手な留学生。こんな手でモチベアップ!!

みなさん、こんにちは。

MIKIです。

 

先週土曜日、勤務校で補講をしてきました。

https://twitter.com/okmymiki/status/934228615574646785

 

作文を書いてみよう

授業では縦書きの原稿用紙の使い方に慣れようということで、作文を書くことにしました。

留学生、作文には抵抗感があるのです。

要因は様々あります。

  • 文法間違えちゃう。
  • 助詞はどれを使えばいい? 「私は」?「私が」?
  • この漢字、どう書いたっけ?
  • あ〜〜、この気持ち、どうやって日本語にするの?
  • 作文にならない・・・。箇条書きのメモだ・・・。(ここに気づけば、いいけど)

これほどの重圧を抱えての書き始めです。

私が「さあ、書きましょう」と言って、

「は〜〜い!!」となるはずがありません。

 

そこで・・・

新聞に投書するぞ!!

地元紙の読者投稿欄への投書に挑戦させることにしました。

投稿欄への投書ということで、作文を書く動機付けがはっきりとします。

  • 読者をより意識できる。
  • 日本人読者に向けて書くので、より真剣に取り組む。

そして、なんといっても、

薄謝があるということ。

これはやはり一番の動機付けとなりました。

 

本当の目的

ただ作文を書くだけではもったいない。

書くからには多くの人に読んでもらいたい。

そして、留学生の存在をより多くの人に知ってほしい。

留学生は日本人学生より数の上ではとても少ないです。

そんな留学生は、住み慣れた国を離れ、家族とも離れ、慣れない日本で専門的な勉強のために来日しています。

日本でがんばっている留学生の存在を一人でも多くの人に知ってほしい。

身近に留学生がいる、外国人がいるということを実感してほしい。

交流イベントだけでは見えない留学生の考えを新聞を通してシェアしていきたい。

これが、今回の私の本当の目的です。

そして、その先には必ず多文化を理解し、共に生きていける社会があると信じています。